手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第3話の思いっきりネタバレ

手塩3 思いっきりネタバレ

お父さんはもはや本能のまま
肉欲のみで行動していた

嫌がる娘をバックではまたまま
屈折した自分をぶつけ続けた

陽葵の中で果てたお父さんが
我に返っていく…


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓


《チンジャオ娘》手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして ネタばれギリギリあらすじ

お父さんは私の背中に乗っていたわ
後ろからどんどんついてくるの

私は何も抵抗することができないまま
され続けていた

お父さんは私にひどいことをずっと言い続けていた
「お前とセックスするために今まで俺が育ててきたんだ」
「家畜も同然」

「いややめて…」
でもとまることはなかったわ
その時お母さんとのことを聞いたの


「ある日突然妊娠したから結婚しようといってきて…」
「俺はその時から疑いもなく母さんのおなかにいたお前は
俺の子だと思っていたんだ…」

「それなのにお前は…」
「所詮単なる他人なんだっ…」

そのあともひどいことをいい続けたいたわ
ちとゅうから何にも聞こえてこなくなったの
ただ涙がこぼれて仕方なかったわ

お父さんの動きが止まり
急に静かになっていったの

お父さんの雰囲気が変わって
いつものお父さんになっていったの


私はしばらく起き上がることができずにソファで泣いていたわ
そしたらお父さんが家を出ていく音がしたの

私急にいてもたってもいられなくなって
外へ出たの

「待って!!」
「どこへ行くの」
「すまなかった陽葵」

お父さんは警察へ行くつもり…
お父さんは本当のお父さんじゃなかった
でも私にとっては唯一のお父さん本物のお父さん

「さっきは動揺してたけど私別にお父さんのこと怒っていないから」
「さっきのことはなかったことにするから」
「今まで見たいに一緒に暮らそうよ」

お父さんは固まってしまった


《チンジャオ娘》手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして 感想

女子高生を本気で犯しまくっていますね
肉欲しかもはや頭にない状態

処女でしまったマン〇
大きなおっぱい

すべすべの肌
肉感が伝わるお尻
ムチムチだけどしまった太もも

どこを触っても妻の体とはまるで違うさわり心地
病みつきになりそう

いつまでも吸い付いていたくなります


↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました